2011年2月15日火曜日

ありがとうを言うのは


こちらの方です。
一昨日の晩は、教えていた大学の学生さん達が打ち上げに誘ってくれたので参加してきました。

なんばで。


みんな、19歳とか20歳。


自分は30歳。でも、あんましギャップは感じなかったぜー!
強がってないぜー!笑


いやー、楽しかった。まず、誘ってくれるっていうそういう気持ちが嬉しい。
理科系の学生さん達でしたが、みんな本当にいい学生ばっかり。


終わりに近づいたころに、何やら、学生さん達に動きが。
なんか、ケーキを持ってきてるじゃないのか。それは、なんと、感謝のサプライズの寄せ書きと、ケーキなのでした。


何だよー!!!(泣)
ここまで、鮮やかなサプライズを食らうとは思っていなかった。
というか、本当にサプライズで、言葉失った。


僕、別に非常勤講師だから大学の教授でもないし、ゼミ持ってるわけじゃない。


しかも、理系の学生さんにとっては、専門科目でもない、外国語の英語でしょ。
そんな自分の時を振り返ってもそんなに記憶なんてないしさ。必修の外国語の授業て。


でも、自分が教える立場になって。
彼らと自分が出会うことで
彼らにとって、何もプラスになることがなかったのであれば、
何の意味もないと思う。それだけは嫌だ。って思って。

(この動機が自分に向いていたら意味がない。いいやつだって思われたいっていう。それはほんとの愛じゃないと思う。それは結局誰かを愛して犠牲を払っているように見えて、自分を愛しているだけ。
そんな種は蒔きたくない。)


彼らの心に何かしら、たった一言でも
プラスになったと思えることを
自分が成し遂げていなかったら
意味がないと思う。


後になって人生を振り返ったときに
あー、そういやKazはこんなこと言ってたやん。やっぱりやってみようかな。とか


彼らの人生の財産になるものを残したい。
自分の大好きな美容師さんが言ってた言葉に
「お客さんが、人生の最後を迎えるときに
自分の大切な人を20人挙げてくださいって問われたとき
自分がその20人の中に入っている
そんな美容師を目指したい」
と言っていた。


この言葉はすごく衝撃的だった。
自分もそういう姿勢で望みたいって思って
不器用に
でも自分の中にある、ちっぽけなリソースが
最大限に活かされて
誰かが元気になってくれたら


それが幸せ。
人生は誰と出会うのか
ってすごく大きい。


自分が「色んな意味で、この人たちのために何を提供できるか」っていう視点で、大したことはないかもしれなけど、いつも試行錯誤しながら、授業に向き合おうって思った。


大学は高校と違って、ある程度時間に余裕もあるし、もう「受験」っていう
縛りがない


だから、本当に有益であると思われる(自分がそのように確信している)ことを
あくまでも、「自分のスタンス」として、押し付けるわけではなく
「紹介」することができる。


コントロールは大嫌い。絶対にしたくない。


大学で教えるのは今年が2年目で。
この学生さん達は、週に2回も教えにいっていたわけだから。
やっぱり通算するとかなりの時間を過ごしたことになってた。


だからっていうわけでもないけど。
やっぱり、授業が最後にさしかかると少し寂しい気持ちになる。
自分から良くも悪くも、にじみ出ていたものは


何か伝えていることがあったんだね。
飲み会のときに最後に伝えた、ちょっぴり心にしみる話を聞く時の
みんなの顔を見て
なんて優しい、いい学生に出会えたんだろって。


こっちが泣きそうになのに、君たちは気づいていただろうか。

あ、実際、泣いてたか 笑 あかんわ、ほんまに
涙腺は緩む一方なのか。それとも、感動が大きくなっていってるのか。


このやろうめ。
素晴らしい学生に出会えた自分のほうが
感謝を言わなきゃいけないやんか、もう。
その気持ちにおれの方がずっと元気をもらって、どうしてくれるのかっていう話よ
見てろよ 笑